ご希望のサッカースタジアム情報を無料で検索できます。

施設検索/ホームメイト・リサーチTOP

ホームメイトサッカースタジアムリサーチ

サッカー情報

サッカーのダービーマッチって何のこと?



サポーターにとって、優勝の決まる試合とも違う、降格・残留の決まる試合とも違う、特別な思いが込められた試合があります。それがダービーマッチです。同じ地域のライバルチームとの戦いは、順位やカテゴリーに関わらず、絶対に負けられない戦いなのです。

ダービーマッチって何?

ダービーマッチって何?

ダービーマッチとは、基本的には同じ地域に本拠地を持つチーム同士の試合のことです。ただし、歴史的な背景から対立している都市同士の試合や、民族問題、貧富の差による社会的な対立によるダービーマッチもあり、一言で表すならば「ライバル同士の試合」といったところです。発祥は諸説あるものの、イングランドの地方都市「ダービー」で行なわれた試合のことだと言われています。また、地域や歴史的背景に関わらず、実力や人気でリーグを代表するようなチーム同士の試合をナショナルダービーと呼ぶこともあります。

熱狂!世界のダービーマッチ

熱狂!世界のダービーマッチ

サッカーの歴史の長いヨーロッパでは、その国ごとに熱狂的なダービーマッチがあります。発祥の地イングランドでは「マンチェスター・ダービー」や「マージーサイド・ダービー」。ドイツでは、香川真司選手と内田篤人選手の日本人対決も実現した「ルール・ダービー」、イタリアでは「ヨーロッパの首都で最も素晴らしく熱いダービー」と称された「ローマ・ダービー」などが有名で、多くのサポーターが大いに盛り上がっています。

日本では「静岡ダービー」が、もっとも歴史のあるダービーマッチとしてFIFA(国際サッカー連盟)にも紹介されました。日本のサッカー王国・静岡県を本拠地とする清水エスパルス対ジュビロ磐田の試合とあって、サポーターの目も肥えています。そして、日本で一番熱狂的なダービーマッチといえば、「さいたまダービー」です。浦和レッズと大宮アルディージャによるこの試合は、お互いの地域にライバル関係があり、凄まじい熱狂を伴う試合となります。試合前には、相手を揶揄するような過激な内容のフラッグや横断幕で煽り合い、いざ試合となるとブーイングが飛び交う、他とは一味違った雰囲気のダービーとなっています。他にも「多摩川クラシコ」や「みちのくダービー」など、日本全国でさまざまなチームがお互いのライバルと火花を散らせているのです。

日本のナショナルダービー

日本のナショナルダービー

Jリーグを代表するチームの対決、ナショナルダービーと呼ばれる試合は、時代とともに変遷していきました。最初はヴェルディ川崎対横浜マリノス。90年台前半に、圧倒的な存在感を放った両チームの対決は、まさに日本を代表するダービーでした。しかし90年代後半に両チームの成績が低迷すると、ジュビロ磐田、鹿島アントラーズが2強時代を形成します。この時期のナショナルダービーといえば、この両チームのものでした。2000年台半ばになると、浦和レッズとガンバ大阪が力をつけ、当時の日本代表監督オシム監督から「日本のナショナルダービーだ」と紹介されました。まだまだサッカーの歴史が浅い日本では、このように強いチームが流動的で、群雄割拠のリーグと言えます。今後のJリーグでナショナルダービーを形成していくのは、いったいどのチームになるのでしょうか。