ご希望のサッカースタジアム情報を無料で検索できます。

施設検索/ホームメイト・リサーチTOP

ホームメイトサッカースタジアムリサーチ

サッカー情報

サッカー日本代表のユニフォームが
青の理由



サッカー日本代表のチームカラーは、SAMURAI BLUE(サムライ・ブルー)の愛称で親しまれている通り青色。ユニフォームのデザインが変わることがあっても、ブルーを基調とすることは変わりません。その目を惹く青には、日本サッカーの歴史と私たち日本人の想いが込められているのです。

日本代表SAMURAI BLUEの意味

日本代表SAMURAI BLUEの意味

日本代表が「SAMURAI BLUE」と呼ばれる理由である、ユニフォームの青色は「日本の国土を象徴する海と空の青」を表しているからとされています。でも実はユニフォームがブルーに決まった本当の理由は分からないのです。1930年に初めて優勝した極東選手権で、出場した選手の大半が東京帝国大学の学生で、ライトブルーのシャツを着ていたことが始まりとも考えられています。今ではすっかり定着した青いユニフォームですが、横山謙三監督が就任した際の1988年から1991年の3年間だけ、監督の意向により国旗の色である赤色になったことがあります。ところがこの間、日本代表は思うような成績をあげられず、監督が変わると青色を基調としたユニフォームに戻されました。それ以来、限定的にアウェーのユニフォームで赤が採用されたことはあるものの、ホームのユニフォームは変わらず青が採用されています。

ユニフォームに込められたメッセージ

今の日本代表のユニフォームには、歴代ユニフォームの思いも受け継がれています。近年では鮮やかなブルーから、より濃く深いブルーになっています。これは「選手、サポーター、すべての日本人の思いの深さ」と「サッカー日本代表の歴史の重み」を表現しているもので、「ジャパンD(ディー)ブルー」と呼ばれています。左胸にあるエンブレムには、三本足のカラスである八咫烏(やたがらす)が、大きく翼を広げた姿で描かれています。日本神話に登場する八咫烏は太陽の化身であり、神武天皇を道案内して勝利へ導いたことから、勝利の象徴としてエンブレムに採用されました。日本代表のユニフォームにはたくさんの想いやメッセージが込められ、身につけた選手たちはその重みを感じ、誇りを持って闘っているのです。

海外代表のチームカラー

海外の代表チームを見ると、イタリアやドイツ、オランダなど例外はあるものの、やはり国旗の色を基調としたチームカラーが多いようです。無敵艦隊の愛称で知られるスペイン代表のチームカラーは、赤と黄色。「血と黄金の旗」と呼ばれるスペイン国旗の色をそのまま基調としています。サッカー大国ブラジルのチームカラーも国旗と同じカナリア色(黄色)。ただブラジル代表は、アウェーのユニフォームでも白を採用しません。サッカーのユニフォームでは、ホームのユニフォームが白でない場合には、アウェーのユニフォームは白が基調となることがおおいのですが、なぜでしょうか。実は1950年、ブラジルで開催されたワールドカップの優勝のかかった試合で、ウルグアイに敗れたときに着ていたのが白いユニフォームだったんだとか。その悲しみを繰り返さないために、縁起の悪い白いユニフォームを避けているんだそうです。