ご希望のサッカースタジアム情報を無料で検索できます。

施設検索/ホームメイト・リサーチTOP

スポランド
サッカースタジアム
トップページへ戻る
トップページへ戻る

サッカー情報

九州・沖縄地区の
フットサル(ミニサッカー)場



九州地区の代表的なチームといえば、Fリーグ(フットサル全国リーグ)に参加している「バサジィ大分」です。大分県大分市をホームタウンとしていて、Fリーグ開幕から参戦しています。ホームアリーナは大分市にあり、どれも収容人数が多いアリーナですので、一度足を運んでみてはいかがでしょうか。

九州・沖縄地区のフットサル

九州・沖縄地区のフットサル

九州と沖縄の各県の代表チームが集まる「九州フットサルリーグ」があり、地域のフットサルを盛り上げています。「バサジィ大分」も、元々は九州フットサルリーグに参加していたチームで、地域リーグで力をつけた後、Fリーグに参加しています。また、地域リーグは、市営の体育館が主な試合会場となっています。

大分県立総合体育館

大分県立総合体育館

大洲総合運動公園内にある総合体育館で、メインアリーナ、サブアリーナのほかに、クライミング場やフェンシング場が併設されています。フットサルやバレーボールの会場として使用され、「バサジィ大分」のメインアリーナのひとつとして、ホームゲームで使用されています。

公共交通機関でのアクセス
大分バス「大洲運動公園」停留所下車すぐ

ビーコンプラザ

ビーコンプラザ

大分県別府市にあり、音楽専用のフィルハーモニアホール、国際会議場、最大8,000人収容のコンベンションホールなどで構成されている複合施設です。コンベンションホールでは、フットサル・バスケットボール・バレーボールなど、様々な競技大会が開催されています。

公共交通機関でのアクセス
JR九州日豊本線「別府」駅から徒歩15分

べっぷアリーナ

べっぷアリーナ

正式名称は「別府市総合体育館」ですが、「べっぷアリーナ」の愛称で呼ばれています。2008年の大分国体でも使用された会場です。「バサジィ大分」がメインアリーナとして登録しており、2013年のFリーグ最終節(全チームが集まるセントラル方式)の試合会場としても使用されることが決まっています。

公共交通機関でのアクセス
JR九州日豊本線「別府」駅より徒歩10分
亀の井バス「べっぷアリーナ前」下車すぐ

沖縄県総合運動公園体育館

沖縄県総合運動公園体育館

沖縄県沖縄市と中頭郡北中城村にある運動公園の中にある体育館で、メインアリーナとサブアリーナ、トレーニングルームがあります。沖縄県リーグの会場として、試合が行なわれています。県リーグ以外にも、全日本フットサル選手権の沖縄予選が開催される会場でもあり、沖縄のフットサルに欠かせない体育館です。

公共交通機関でのアクセス
東陽バス・沖縄バス「県総合運動公園北口」停留所下車すぐ