ご希望のサッカースタジアム情報を無料で検索できます。

施設検索/ホームメイト・リサーチTOP

スポランド
サッカースタジアム
トップページへ戻る
トップページへ戻る

サッカー情報

北海道・東北地区の
フットサル(ミニサッカー)場



北海道にはFリーグ(フットサル全国リーグ)の「エスポラーダ北海道」、東北にはFリーグ準会員の「ヴォスクオーレ仙台」が拠点を置いています。どちらの地区にも地域リーグがあり、フットサルの試合が各地の会場で開催されています。

北海道地区のフットサル場

北海道地区のフットサル場

北海道では、北海道フットサルリーグや女子フットサルリーグの他、様々なカップ戦が開催されています。道内の市営アリーナや体育館が主な会場ですので、アクセスも良好です。ぜひ足を運んでみましょう。

北海道立総合体育センター

北海道立総合体育センター

札幌市にある総合スポーツ施設で、愛称は「北海きたえーる」。Fリーグに参加している「エスポラーダ北海道」のホームアリーナになっています。バレーボールのワールドカップやバスケットボールの世界選手権で使用されたこともあり、北海道を代表する施設のひとつです。

公共交通機関でのアクセス
札幌市営地下鉄東豊線「豊平公園」駅より徒歩3分

釧路根室圏総合体育館

釧路根室圏総合体育館

釧路市大規模運動公園のなかにある体育館で、「湿原の風アリーナ釧路」と呼ばれています。メインアリーナのほかに、トレーニングルームやフリークライミングウォール、幼児体育室など、充実の設備が揃えられています。フットサルの観戦には、室内シューズが必要です。

公共交通機関でのアクセス
釧路バス「湿原の風アリーナ釧路」停留所下車すぐ

旭川大雪アリーナ

旭川大雪アリーナ

夏季はフットサル・バレーボール・バスケットボールの試合や、展示イベント会場として使用されています。冬季はアイスリンクが設置されるので、アイスホッケーやフィギュアスケートなどのイベントが主になります。2012年には、フットサル日本代表対ウクライナ代表の国際親善試合の会場となり、三浦知良選手のフットサル代表初ゴールも記録されています。

公共交通機関でのアクセス
道北バス・旭川電気軌道バス「大雪アリーナ前」停留所下車すぐ

東北のフットサル場

東北のフットサル場

Fリーグ準会員の「ヴォスクオーレ仙台」が牽引する東北フットサルリーグでは、1部リーグ・2部南東北リーグ、2部北東北リーグがあります。宮城県仙台市や青森県八戸市、岩手県花巻市など、各地の体育館でリーグ戦が開催されています。

仙台市体育館

仙台市体育館

宮城県仙台市にある市営の体育館で、Fリーグ準会員の「ヴォスクオーレ仙台」のホームアリーナとして登録されています。温水プールやトレーニングルームがあり、メインの会場では5000人近い観客の動員が可能。また、交通アクセスが良いため、各種スポーツイベントが行なわれています。

公共交通機関でのアクセス
札仙台市営地下鉄南北線「富沢」駅より徒歩5分

ゼビオアリーナ仙台

ゼビオアリーナ仙台

ゼビオアリーナ仙台には日本最大規模のセンターマルチディスプレイが設置されていて、サッカー日本代表戦のパブリックビューイングやアーティストのライブなど、様々なイベントを観ることができます。「スポーツ&ミュージックフェスティバル2012」では、サッカーやセパタクローのイベントと共に、名古屋オーシャンズ対湘南ベルマーレのエキシビジョンマッチやフットサル東北リーグの公式戦が開催されました。

公共交通機関でのアクセス
JR東北線・仙台市地下鉄南北線「長町」駅より徒歩5分