ご希望のサッカースタジアム情報を無料で検索できます。

施設検索/ホームメイト・リサーチTOP

ホームメイトサッカースタジアムリサーチ

サッカー情報

仲間と気軽に、フットサル
(ミニサッカー)



フットサルとは、簡単にいえば5人制のミニサッカーです。11人制のサッカーと比べて少人数でプレーできるので、気軽にはじめられるスポーツとして世界各国で親しまれています。

女性のプレイヤーも多く、老若男女が楽しめるスポーツといえます。戦術やテクニックが重要で、攻守の切り替わりも早くスリリングな展開から、観戦するスポーツとしても人気。ただサッカーと異なるルールも多いので、ルールをしっかりと確認しましょう。

フットサルが人気なワケ

フットサルが人気なワケ

まずは5人制という人数。サッカーと比べると半数以下で、気軽にはじめることができます。コートはバスケットボールのコートを少し広くした程度。場所によっては、ビルの屋上にフットサルコートがある、なんてところもあるんですよ。

また攻撃と守備のポジションが流動的なので、誰にでもゴールのチャンスがあります。プレー時間も短いうえ、試合中のメンバー交代も自由なので、体力に自信がなくても楽しめます。

ユニフォームなどのブランドが充実しており、街でも身に着けられるウェアやアクセサリーが多くあります。ファッション性が高いことも、大きな魅力といえるでしょう。

フットサルの歴史

フットサルの歴史

「フットサル」がひとつのスポーツとして統一ルールが定められたのは1994年のこと。もともと、世界各国で独自の名称・ルールで行なわれていたミニサッカーが広く親しまれるようになり、FIFA(国際サッカー連盟)によって、名称とルールが統一されたのです。

サッカー王国として知られるブラジルなど南米では、「サロンフットボール」と呼ばれるミニサッカーがあり、室内で行われていました。これは今のフットサルのボールよりも小さくて弾まないボールが使われていたそうです。

近代サッカーの母国であるイギリスでは、「インドアサッカー」と呼ばれる、屋外のサッカーと同じボールを使った、ミニサッカーが行なわれていました。名前の通り「インドア=室内」で行われ、アイスホッケーと同じように壁面を利用できるのが特徴です。このインドアサッカーは、ヨーロッパ各国の他、アメリカやオーストラリアなどでもプレーされていました。

どちらも国によってルールが違っていたうえ、使用するボールやプレーする人数もばらばらだったのですが、世界的にルールを統一したことで、現在ではワールドカップなどの国際大会まで開催されるようになったのです。

日本におけるフットサル

日本におけるフットサル

世界各国と同様に、日本でもミニサッカーは発展していました。1977年には、日本ミニサッカー連盟が発足。「ミニサッカー選手権大会」や「全国少年総合ミニサッカー大会」が開催され、日本全国へ広まっていきます。その後、日本ミニサッカー連盟は、「日本フットサル連盟」に名称を変更。そして、2007年9月に、「日本フットサルリーグ(Fリーグ)」が開幕しました。

全国リーグが発展していくと共に地域リーグの開催も増加し、趣味としても気軽にプレーできることからフットサルの競技人数は年々着実に増えています。