ご希望のサッカースタジアム情報を無料で検索できます。

施設検索/ホームメイト・リサーチTOP

ホームメイトサッカースタジアムリサーチ

サッカー情報

高円宮杯U-18サッカーリーグ



高校生世代のサッカーでは、冬の選手権やインターハイ以外にもリーグ戦が行なわれています。高円宮杯の名は、日本サッカー協会の名誉総裁であり、スポーツ振興に尽力された高円宮憲仁親王を記念して命名されました。高円宮杯は高校のサッカー部とクラブのユースチームが、公式戦で戦うことができる唯一の機会となっています。

高校生たちが競うリーグ戦

高校生たちが競うリーグ戦

高円宮杯U-18サッカーリーグは、高校生の年代のための大会です。高円宮杯U-18サッカーリーグは、各都道府県で分けられる都道府県リーグ、その上にある全国を9地域に分けて行なわれるプリンスリーグ、さらにその上にある東西2つのリーグに分かれたプレミアリーグという、三重構造で構成されています。それぞれJリーグのように昇降格があり、毎年上位チームと下位チームを入れ替えが行なわれています。

高校生の年代ではトーナメントの大会が多く、早い段階で負けたチームは試合の経験を積むことができません。そこで多くのチームにたくさんの試合の機会を設けることや、トーナメントにはない引き分けなど、リーグ戦ならではの経験をさせることを目的としています。

公式戦の試合経験を積む高校生たち

公式戦の試合経験を積む高校生たち

サッカーに限らず、スポーツでは試合でなければ得られない経験があるもの。これまでは高校のサッカー部とクラブユースチームは、同じ大会に出場することがほとんどありませんでした。トーナメントの大会が中心の高校サッカーでは、負けると大会が終わってしまうため、勝ち進まなければ多くの公式戦を経験することができません。またクラブチームは全体のチーム数が少ないため、公式戦で多くのチームと試合をすることが難しいという状況がありました。そこで両方が交流してリーグ戦をすることで、試合の機会が格段に増やすことにつなげたのです。より多くの試合経験を積むことができる高校生が、今後どのように成長していくのかも、楽しみなところです。

また天皇杯の都道府県予選への出場条件として、高円宮杯の上位チームとしているところもあり、高校生年代のチームにとっては、さらに上のカテゴリーのチームと試合できるチャンスにつながっています。

高校サッカーとユースチームの真剣勝負

高校サッカーとユースチームの真剣勝負

高円宮杯U-18サッカーリーグでは、高校のサッカー部とクラブのユースチームが同じ舞台で試合を行ないます。高校生年代で一番注目されるのは、冬の選手権に出てくる高校のサッカー部です。クラブユースチームには、なかなか注目が集まりません。しかし最近では、実力では高校サッカーを上回っていると言われることもあり、Jリーグにも毎年多くの選手が昇格しています。それぞれにプライドを持って、競いあっているのです。

高円宮杯U-18サッカーリーグは、ホーム&アウェーの総当たりで行なわれます。高校のサッカー部の場合は学校のグラウンドとなることがほとんどで、ユースチームの練習場などで行なわれることが多いのですが、クラブチームの場合はクラブのホームスタジアムで開催されることがあります。しかも高円宮杯U-18サッカーリーグは無料開放されているので、JFAのホームページなどで開催日や会場を確認してみましょう。