ご希望のサッカースタジアム情報を無料で検索できます。

施設検索/ホームメイト・リサーチTOP

ホームメイトサッカースタジアムリサーチ

サッカー情報

サッカー場の熱中症・防寒対策



せっかくのサッカー観戦では、試合や応援に集中したいですよね。スタジアムでは、屋外と同じように夏の暑さ、冬の寒さの対策が必要です。屋根のあるスタジアムでも、サッカー観戦は長時間になるので、熱中症や寒さにはしっかり準備して、楽しくスタジアム観戦をしましょう。

暑さ・寒さに注意しよう

暑さ・寒さに注意しよう

暑い夏のサッカー観戦で、気をつけなければいけないのが熱中症です。熱中症は、屋内・屋外を問わず、高温や多湿が原因で起こります。軽症であれば涼しいところで休んで水分を摂れば大丈夫ですが、重症になると病院にかかる必要があったり、場合によっては命にかかわることもあります。温度が高い日はもちろんですが、それほど温度は高くなくても、暑さに慣れていない場合や、湿度が高く、身体の熱を発散しづらいときなどにも発症しやすいので、注意しましょう。

反対に、冬は寒さが敵になります。スタジアムは風が通りやすく、冬の長時間の観戦はかなり冷え込みます。特にナイトゲームでは、昼間よりぐっと気温が下がる場合があるので、十分過ぎると思えるくらいに対策しておきましょう。

サッカー観戦での暑さ対策

サッカー観戦での暑さ対策

サッカー観戦では、どんな暑さ対策をすればいいのでしょうか。基本的には、屋外で作業するときと同じように考えれば大丈夫です。熱中症対策には、スポーツドリンクなどでこまめに水分を摂ることが第一ですが、汗で塩分が失われているので、食塩水もいいそうです。直射日光を防ぐために帽子をかぶるのもいいでしょう。水を使って首元を冷やすタオルなど、様々なグッズが出ているので、いろいろ探してみましょう。

Jリーグのスタジアムには、屋根で覆われている席が多くあります。太陽の角度などによって日差しがあたる場合もありますが、コンコースなどは日陰になるので、体温が上がっていると感じたときには、日陰で休むようにしましょう。

またスタジアムでは、暑さをしのぐための企画を催す場合もあるので、うまく活用して楽しくサッカーを観戦しましょう。スタジアムの外で、ドライミストを噴霧していたり、自由に飲み物などを冷やせる氷水を提供するイベントが企画されていることもあります。飲食店ではかき氷などを販売しているお店もあるので、のぞいてみましょう。

寒さにもしっかり対策しよう

寒さにもしっかり対策しよう

サッカー観戦に行く場合、スタジアムという建物に行くという感覚からか、寒さ対策が不十分な場合があるようです。マフラーやニット帽など、服装に気をつけていても足下から冷えることがあるので、靴下やインナーウェアを上手に活用しましょう。またほとんどの席でプラスチックのイスに座ることになるため、折りたたみのマットや膝掛けなどもおすすめです。厚手のタオルでも代用できるでしょう。他にも、カイロや保温クリームなどを試してみるのもいいかもしれません。暖かい飲み物は、身体を温めるにはいいですが、トイレが近くなる場合があるので、注意しましょう。

春先や秋口でも、雨が降ると身体を冷やしてしまいます。たとえ雨が当たる席でも傘は周りの迷惑になるため、使えません。身体を濡らさないよう、カッパやポンチョを用意しておきましょう。