ご希望のサッカースタジアム情報を無料で検索できます。

施設検索/ホームメイト・リサーチTOP

ホームメイトサッカースタジアムリサーチ

サッカー情報

神奈川(横浜を除く)のJリーグ
(サッカークラブ)チーム



横浜以外にも、神奈川県には攻撃的サッカーで人気のある2つのJリーグチームがあります。スタジアムを訪れたサポーターたちを湧かせる、川崎フロンターレと湘南ベルマーレ。どちらも魅力的で、今後の活躍が大いに期待されるチームなのです。

川崎フロンターレが目指すのは初タイトル

川崎フロンターレが目指すのは初タイトル

1999年からJリーグへと加盟した、川崎フロンターレ。チーム名はイタリア語で「正面」「前飾り」を意味しており、挑戦し続けるフロンティアスピリッツ、正面から正々堂々と戦う姿勢を表現しています。2000年に一度はJ1に昇格したものの、1年で降格。しかし2004年に2位との勝点差18という史上最高の勝点105、さらに得点104という「ダブル・トリプル(勝点、得点ともに3ケタ)」を達成し、圧倒的強さでJ2リーグを制覇、2度目のJ1リーグ昇格を果たしました。その後も着々と力を付けて、2006年からはリーグ2位3回、ヤマザキナビスコカップ準優勝3回など好成績を残しています。しかし、なかなか届かないのが初タイトル。シルバーコレクターのままでは終われません!

地域密着の川崎フロンターレ

地域密着の川崎フロンターレ

川崎フロンターレは、地域への貢献度が高いチームとして知られています。生鮮果物の会社とサプライヤー契約を結び、その売上の一部をホームスタジアムである等々力陸上競技場の改修費用として、川崎市に寄付したこともありました。そのときには、商品であるバナナの被り物を選手たちがかぶってプロモートを行いました。また選手が登場する算数ドリルを制作して、地域の子供達に勉強の楽しさを知ってもらうという活動もありました。こういったサッカーの枠にとらわれない川崎フロンターレの活動は、各方面で話題となっています。

攻撃的なスタイルの湘南ベルマーレ

攻撃的なスタイルの湘南ベルマーレ

湘南ベルマーレは、「ベルマーレ平塚」として1994年にJリーグへと加盟しました。2000年からはホームスタジアムのShonan BMW スタジアム平塚がある平塚市や、チーム名の湘南市をはじめとした、神奈川県の7市3町へとホームタウンを広域化し、「湘南ベルマーレ」へと改称しました。チーム名の「ベルマーレ」はラテン語で「美しい」を意味する「Bellus」と「海」を意味する「Mare」を合わせた造語で、美しい湘南海岸をイメージさせます。また、湘南ベルマーレのPR活動を行う「ベルマーレクイーン」という女性グループがおり、他チームのサポーター(主に男性サポーター)に羨ましがられるほどの人気です。1999年にJ2リーグへ降格してしまって以来、昇格と降格を繰り返していますが、攻撃的で知られる「湘南スタイル」を武器にJ1定着を狙います。

世界的スターを輩出した湘南ベルマーレ

世界的スターを輩出した湘南ベルマーレ

日本サッカーのプロ化以来、本場ヨーロッパで初めて成功を手にした日本人選手が、中田英寿選手です。この日本サッカー史に名を残す、スーパースターを輩出したのが湘南ベルマーレです。中田選手は快く海外へ送り出してくれた湘南ベルマーレに感謝しており、チームが経営危機に瀕した際にはスポンサーになり、引退した現在も支援を続けるなど、親密な関係が続いています。ちなみに、中田選手が在籍したチームとして知られる湘南ベルマーレのユニフォームは、世界的に珍しい黄緑と青の配色も相まって、海外でも人気が高いそうです。