ご希望のサッカースタジアム情報を無料で検索できます。

施設検索/ホームメイト・リサーチTOP

ホームメイトサッカースタジアムリサーチ

サッカー情報

栃木・群馬のJリーグ
(サッカークラブ)チーム



北関東のJリーグチーム、栃木サッカークラブとザスパクサツ群馬。どちらもJ1リーグへの昇格・定着を目指すチームです。Jリーグに参入してからの期間はまだ短いですが、サポーターからの熱い応援に背中を押されて、早くもJ1リーグ挑戦を伺い前進している2チームです。

頑張れ教員軍団!栃木サッカークラブ

頑張れ教員軍団!栃木サッカークラブ

栃木サッカークラブは、2009年からJ2リーグに加盟し、Jリーグで唯一、教職員のサッカーチームを前身とするクラブとなりました。また、栃木サッカークラブがJリーグに加盟したことにより、関東のすべての都県にJリーグクラブが揃うこととなり、水戸ホーリーホック、ザスパクサツ群馬との試合は北関東ダービーとも呼ばれています。試合開始前にはチームの応援歌が歌われるのが一般的ですが、栃木SCのゴール裏では「県民の歌」が歌われるなど、郷土愛の強いチームです。2006年にプロクラブ化したばかりの若いチームながら、早くもJ1リーグ昇格を視野に入れており、成長著しい注目チームでもあります。

栃木サッカークラブの「劇場」?

栃木サッカークラブの「劇場」?

栃木サッカークラブのホームスタジアムは、栃木県グリーンスタジアムなのですが、足利市総合運動公園陸上競技場で主催試合が行われることがありました。ここでの試合はまさかの同点劇・大逆転劇がたびたび起こり、サポーターの間で「足利劇場」と呼ばれるようになりました。2010年以降はJリーグの開催基準などの関係から、ここでの試合は行われなくなってしまいましたが、栃木サッカークラブの試合は、これからも各地の会場を「劇場」にして、サポーターを熱狂させてくれることでしょう。

旋風を巻き起こせ、ザスパクサツ群馬!

旋風を巻き起こせ、ザスパクサツ群馬!

2005年からJリーグへと加盟したザスパクサツ群馬ですが、JFL時代には当時の観客動員数記録を更新するなど、地元サポーターに愛されているチームです。2004年の天皇杯では、セレッソ大阪や当時のJ1リーグチャンピオンである横浜F・マリノスを破りベスト8に進出するという旋風を巻き起こしました。ホームスタジアムの正田醤油スタジアムはJ1リーグの規格に合わせて改装する計画となっており、近い将来のJ1リーグ挑戦、そして再びザスパクサツ旋風を巻き起こすことが期待されています。

温泉地ならでは、ザスパクサツ群馬の変わった応援

温泉地ならでは、ザスパクサツ群馬の変わった応援

日本屈指の温泉地、草津を発祥地とするザスパクサツ群馬の応援席には、名物となっている光景があります。着物とかぶりをまとい、応援歌に合わせて湯もみ板をゆらす、「湯もみ娘」たちです。衣裳は貸し出しもされており、一般の方でも気軽に参加できるようになっています。また、多くのサッカーチームが優勝などのお祝いごとの際に行う「水かけ」のかわりに「お湯かけ」が行われることとなっており、きっとJ1リーグ昇格を果たして「お湯かけ」の光景をサポーターの皆さんにお届けしてくれるはずです。