ご希望のサッカースタジアム情報を無料で検索できます。

施設検索/ホームメイト・リサーチTOP

スポランド
サッカースタジアム
トップページへ戻る
トップページへ戻る

サッカー情報

可動式屋根のある全天候型サッカー場・
大分銀行ドーム



大分銀行ドームは、2002年に日韓ワールドカップが開催された大型スタジアムです。Jリーグ・大分トリニータがホームスタジアムとして利用しているほか、国体など陸上競技大会が開催されています。

全天候型の総合スタジアム

全天候型の総合スタジアム

大分銀行ドームは、陸上競技場及びサッカーやラグビーなどの球技場をはじめ、多目的に利用されるスタジアムです。一般公募によって「ビッグアイ」という愛称が決められましたが、現在はネーミングライツによって「大分銀行ドーム」と呼ばれています。大分県が2002年のワールドカップ開催地に立候補したことを受けて2001年に開設され、ワールドカップではイタリア代表の試合など3試合が開催されました。

大分銀行ドームは2008年チャレンジ!おおいた国体の会場とすることも見据えられていて、陸上との兼用スタジアムなのでトラックがあるものの、スタンドの傾斜が強めにつけられるなど、サッカーの試合も見やすいように工夫されています。また可動式の屋根がついていて、雨のときにはスタジアム全体が屋根に覆われる、全天候型スタジアムとなっています。

選手をより身近に感じられるウォーミングアップツアー

選手をより身近に感じられるウォーミングアップツアー

大分トリニータのシーズンパス所有者や後援会員などを対象に、「ウォーミングアップツアー」を開催しています。試合前にフィールドで選手たちがウォーミングアップしている様子を、グラウンドレベルで見ることができます。試合によって参加できる条件が違うので、大分トリニータのホームページなどを確認してみましょう。

大分銀行ドームの周辺は大分スポーツ公園として整備されており、だいぎんグラウンドやだいぎんサッカー・ラグビー場など各種スポーツ施設がそろっています。宿泊研修センターもあるので、クラブやサークルの合宿などにも利用できます。

アクセスには車が便利

アクセスには車が便利

大分銀行ドームへのアクセスは車が便利です。スタジアムには指定の駐車場が5,000台分以上用意されていて、無料で停めることができます。公共交通機関を利用する場合、大分駅周辺からはタクシーかバスを利用しましょう。Jリーグの試合当日にはシャトルバスが出るので、出発場所を確認しておきましょう。

関西方面より『フェリーさんふらわあ』利用のアクセス
大阪南港大分港、大分港よりJR「大分」駅まで連絡バスで15分
神戸港別府観光港、別府観光港よりJR「大分」駅まで連絡バスで35分
公共交通機関でのアクセス
JR「大分」駅よりタクシーで約25分
JR「高城」駅よりタクシーで約15分
大分バス金池ターミナル(6番乗り場)よりバス「パークプレイス」行で「大分スポーツ公園東」下車
マクドナルド大分店前バス停(3番乗り場)よりバス「パークプレイス」行で「大分スポーツ公園東」下車

※試合当日、マクドナルド大分店前よりシャトルバス運行

車でのアクセス
大分スポーツ公園内駐車場(無料)利用可能

※台数に限りがあります。