ご希望のサッカースタジアム情報を無料で検索できます。

施設検索/ホームメイト・リサーチTOP

スポランド
サッカースタジアム
トップページへ戻る
トップページへ戻る

サッカー情報

サッカー場と野球場と兼用?札幌ドーム



札幌ドームは、日韓ワールドカップ開催誘致をきっかけに、サッカーや野球など多目的に利用できるドームスタジアムとして建設されました。Jリーグ・コンサドーレ札幌のホームスタジアムでありながら、日本ハムファイターズの本拠地球場としても知られています。

サッカーと野球の兼用スタジアム

サッカーと野球の兼用スタジアム

札幌ドームは、ワールドカップの開催地となったスタジアムですが、野球場でもあるという変わり種のスタジアムです。陸上競技などとの兼用のスタジアムは数多くありますが、サッカーと野球の兼用は世界初。Jリーグのコンサドーレ札幌とプロ野球の北海道日本ハムファイターズが共に本拠地としているため、グッズショップでもサッカーと野球の公式グッズを販売しています。

サッカー場とした場合、陸上兼用競技場と比べるとかなり客席の近くにフィールドがあるので、専用スタジアムのような臨場感を感じることができます。

また多目的に利用できることからコンサートなどのイベントも行なわれます。東京、大阪、名古屋、福岡と並んで五大ドームツアーに組み込まれるなど、国内だけではなく海外の有名アーティストもコンサートを開いています。

観光としても魅力のある施設

観光としても魅力のある施設

ドームとしては、唯一の展望台があり、53mの高さから札幌市街を望むことができます。イベントのない時にもちょっとした観光スポットになっていて、ドームツアーではガイドさんがついて、札幌ドームを解説してくれます。イベント開催時には見られない、ロッカールームやブルペンなどを見ることができるほか、タイミングによってはサッカー場と野球場の転換作業も見学できます。

また屋内アリーナをサッカーで一般利用することもできます。その場合、野球の人工芝はそのまま、マウンドとベースを床下に収納しての利用となります。天然芝のサッカー場については、ドーム外に出ている状態で屋外サッカーステージとして利用することができるので、屋外で思い切りボールを蹴ってみませんか。

遠方からのアクセスも便利

遠方からのアクセスも便利

大規模イベントが開催されるときにはシャトルバスが運行されるので、公共交通機関が便利。また新千歳空港からもバスがあるので、遠方からのアクセスも簡単です。駐車場は事前に駐車券を買っておく必要があり、数に限りがあるので、車を利用したい人は、早めに予定を立てて手に入れておきましょう。

公共交通機関でのアクセス
地下鉄東豊線「福住」駅 3番・4番出入口より徒歩10分
空港連絡バス新千歳空港より「札幌ドーム」「福住3条3丁目」「福住3条2丁目」バス停まで約45分
大規模イベント開催時のアクセス
地下鉄南北線「平岸」「真駒内」駅よりシャトルバスで25分
地下鉄東西線「南郷18丁目」駅よりシャトルバスで15分
JR「白石」「新札幌」駅よりシャトルバスで35分
車でのアクセス
大規模イベント開催時は事前に駐車券購入者のみ札幌ドーム駐車場利用可能